売り上げアップ

オークションサイト収益化

収益化

収益化

パワーオークションは落札手数料を設定できるため、収益化することができます。
落札手数料はクライアント様が自由に設定できます(ゼロにすることも可能です)。
いくつか例を挙げて計算いたします。
※このシミュレーションでは、クライアント様から会員への振り込み手数料や、弊社からクライアント様への毎月の振り込み手数料は除きます。
※システム利用料は1年目のキャンペーン価格を適用したものです。

例1(利用が比較的多い場合)
条件設定
  • スタンダードプランを利用
  • 落札手数料10%(弊社への手数料2%、決済代行会社への手数料4%含む)
  • 落札時に半数がクレジットカード決済を利用
  • 平均落札額5,000円の品が1,000個落札、または平均落札額50,000円の品が100個落札
収支計算
(A) 落札額合計(月)
5,000,000円
(B) 落札手数料収益
(A)×10%=500,000円
(C) 弊社への落札手数料
(A)÷2×2%=50,000円
(D) 決済代行会社への決済手数料
(A)÷2×4%=100,000円
(E) システム利用料(月)
16,500円
(M) 月間収支(B-(C+D+E))
333,500円/月
年間収支(M×12)
4,002,000円/年
例2(利用が少ない場合)
条件設定
  • ライトプランを利用
  • 落札手数料20%(弊社への手数料5%、決済代行会社への手数料4%含む)
  • 落札時に半数がクレジットカード決済を利用
  • 平均落札額2,000円の品が100個落札、または平均落札額20,000円の品が10個落札
収支計算
(A) 落札額合計(月)
200,000円
(B) 落札手数料収益
(A)×20%=40,000円
(C) 弊社への落札手数料
(A)÷2×5%=5,000円
(D) 決済代行会社への決済手数料
(A)÷2×4%=4,000円
(E) システム利用料(月)
8,250円
(M) 月間収支(B-(C+D+E))
22,750円/月
年間収支(M×12)
273,000円/年

さらに収益を上げるには

会費徴収

例えば、パワーオークションのシステム自体にユーザーの会費徴収機能はありませんが、クライアント様の規約で会費を取るような形にすれば、会員数が増えることによってさらに収益が上がることになります。
ユーザーのランクに応じて出品数を制限したり、会費を変更したりするということも考えられます。
ユーザーの会費徴収機能を追加するにはフルカスタムプランがお勧めです。

出品料徴収

会費徴収と同様に、出品料を取るような形にすれば、出品が増えることによってさらに収益が上がることになります。
出品内容に応じて変えたり、ユーザーのランクに応じて出品料を変えたりするということも考えられます。
こちらの機能を実現するにはフルカスタムプランをご検討ください。

クレジットカード決済を使わせない

クレジットカード決済機能を使うと、運営側に手数料がかかります。
必要無ければ機能を使わないようにすることもできます。
こちらは管理画面で簡単に設定できます。

決済方法をクレジットカード決済と銀行振込・郵便振替のみに限定させる

決済方法において、会員間の直接的な支払い(銀行振込、代引き、手渡し)なども選択できますが、これだと出品者から落札手数料を後日徴収しなければならず、請求と確認の手間が増えてしまいます。
これをクレジットカード決済とクライアント様口座への銀行振込・郵便振替限定とすることで、出品者への支払時に手数料を天引きできますので、出品者からの手数料徴収作業が必要なくなります。
こちらは管理画面で簡単に設定できます。

クレジットカード決済の利用について

クレジットカード決済

クレジットカード決済システムは各決済代行会社のAPIを利用します。
システム利用の際はクライアント様と決済代行会社との契約が必要となります。
取り扱う商品や契約内容によっては審査が通らずに契約できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
パワーオークションを契約前に決済代行会社にお問い合わせすることをお勧めいたします。
クレジットカード決済が利用できない場合での契約解除につきましては、サービス利用前であれば料金は発生いたしませんのでご安心ください。
クレジットカード決済の審査と利用開始には時間がかかりますので、あらかじめ余裕を持ったお申し込みをお願いいたします。
なお、決済代行会社との契約時にはお手伝いいたしますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはお気軽にこちらから

※ 表示価格は全て税込みです。